x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x






Nov 2019

日本語はこちらから↓

Shin Noguchi, born 1976 in Shinjuku, Tokyo, Japan, is a Japanese street photographer, based in Kamakura and Tokyo, and he has lived in Kamakura for 20 years.
He describes his street photography as an attempt to capture extraordinary moments of excitement, humanism and beauty among the flow of everyday life. With his discreet, poetic and enigmatic approach to his art, Shin is able to capture the subtleties and complexities of Japanese culture without relying on staged, no-finder or hip shot photography.
He has been invited to hold solo exhibitions in Russia, France, China (organized by Leica Camera) and other countries, and also He has been featured on The Leica Camera Blog many times, in Courrier Inte'l, Internazionale, Libération, The Guardian, The Independent, etc, and some assignment work has been also published in Die Zeit, Libération, etc. His new book "In Color In Japan" was published in Italy, and one of his works was used as key visual for FIFDH 2022: The International Film Festival and Forum on Human Rights.

"The subjects tell me the meaning and value of life. To take a picture is to affirm the existence of peopleーthe human nature and karmaーand it's also an opportunity to affirm my own existence and accept it as it is."

Contacts: e-mail
Instagram | Facebook | Blog | Twitter | Website | UP | PayPal.me

Awards: [selected. see other news]
2012, 2012, 2018, Three times finalist / Invisible Photographer Asia Awards
2016, 4th Prize / Japan National Award - 2016 Sony World Photography Awards
2014, 1st Prize Winner / Prix Talents MAP Toulouse Festival 2014

Exhibitions: [selected. see other news]
2019, São Paulo, Brazil / 12th International Architecture Biennale of São Paulo
2019, Shanghai, China / Leica Street Photography Festival Exihibition
2017, theprintspace, Shoreditch, London, UK / Photography on a Postcard 2017 Exihibition
2016, Ginza Place, Ginza, Tokyo / Sony World Photography Awards 2016 Exhibition
2016, Space Place Gallery, Nizhny Tagil, Russia / Solo Exhibition Something Here
2016, The Center for Fine Art Photography, Fort Collins, CO, United State / Simply
2014, MAP Toulouse 2014, France / Solo Exhibition Something Here
2012, Miami Street Photography Festival 2012, Miami, US / Guest exhibition with Alex Webb's Workshop

Books:
2020, In Color In Japan, Eyeshot Publishing
2020, The Street Photographer's Manual Revised Edition, Thames & Hudson
2017, 100 Great Street Photographs, Prestel
2014, The Street Photographer's Manual, Thames & Hudson

Published: [selected. see other news]
2022, David Jones Mother’s Day 2022
2021, GUP Magazine #70
2021, Stern Magazine, 29/2021
2021, Standart Japan, Vol.16
2021, Leica LFI Magazine, 2/2021
2021, Avanti Press Greeting Card
2020, The Guardian's The Observer, Sep 13, 2020
2019, Eyeshot Magazine, Street Jungle
2019, Courrier International, N.1486/2019
2019, DIE ZEIT, 11/2019
2019, Internazionale, N.1292, 1/7, 2019
2019, Liberation, Jan 5, 2019
2018, DIE ZEIT WISSEN, 6/18, 2018
2016, クーリエ・ジャポン, vol.136, Jan 25, 2016
2015, Liberation, Nov 21, 2015
2015, Liberation, Aug 3, 2015
2015, The Independent, Jan 4, 2015

Featured in: [selected. see other news]
LWA: Life Without Andy
David Jones Mother’s Day 2022
FIFDH Genève 2022
Avanti Press
Stern Magazine, 29/2021
London Street Photography Festival 2021
Analogue Foundation
Standart Japan
Leica LFI Blog: In Color In Japan
The Community College in Taiwan
All About Photo: In Color In Japan
Booooooom: In Color In Japan
The Guardian's The Observer: In Color In Japan
MPB
MASK WEAR TOKYO
Guest judge for ISPF: Italian Street Photography Festival 2020
The Guardian: Something Here
Guest judge for MSPF: Miami Street Photography Festival 2019
It’s Nice That: Something Here
Film Shooters Collective: HAWAII
Pen Magazine International: Something Here
Courrier International: Sorry, You’ll Never Walk Alone
Kodak: HAWAII
Leica Camera: One Two Three
Internazionale Italia: One Two Three
Huck Magazine: Something Here
Liberation France: One Two Three
grape: Japanese news media
My Modern Met: One Two Three
Bored Panda
Colossal: One Two Three
iGNANT: One Two Three
Creative Boom UK: Something Here
LENSCRATCH: Something Here
Spoon & Tamago: Something Here
Leica Camera: Dad with Stage Four Lung Cancer
Fisheye Magazine: The World the Children Made
TABI LABO Japan: Dad with Stage Four Lung Cancer
Feature Shoot: Dad with Stage Four Lung Cancer
Leica Camera: As Yumeji Painted His Beloved Woman
C 41 Magazine: The World the Children Made
Leica Camera: Hikono, 3170 grams
GUP Magazine: Nonverbal Space
Thisispaper: Something Here
PetaPixel
Leica Camera: Nonverbal Space
iGNANT: Sorry, You’ll Never Walk Alone
Leica Camera: Interview
The Independent: Something Here





Nov 2019

ノグチシン
1976年新宿生まれ、2002年より鎌倉在住。鎌倉と東京を拠点に活動するストリートフォトグラファー。
「非日常な瞬間は我々の日常の中に存在してる」という彼の言葉通り、美しさとヒューマニズムに満ちあふれた光景を我々の日常生活の流れの中から捉えるのが彼の写真の特徴である。隠し撮り(ノーファインダー撮影)や演出を一切することなく、詩的でどこか謎めいたアプローチによって日本文化の持つ複雑で繊細な要素を慎重に扱って表現している。
ライカ・カメラ主催による写真展が中国・上海で開催されるなど、これまでにフランス、イタリア、ロンドンなどで招待展示されている。ライカカメラ公式ブログでは日本人最多紹介、インデペンデント、リベラシオン、インテルナツィオナーレ紙など世界各国のメディアで特集され、撮影の依頼や記事への写真の提供もしている。過去に、フランス・トゥールーズ主催国際写真祭などで優勝。2020年にはイタリアから写真集が出版され、20周年記念としてスイス・ジュネーブで開催されたFIFDH 2022「国際人権映画祭と人権フォーラム」では、彼の写真がメインビジュアルとして使用された。
現在、ジョエル・マイロウィッツやマグナムフォトのリチャード・カルバーら世界トップレベルの写真家たちとチーム「UP」を組み、日本と世界に向けて写真を発表している。

“被写体は、生きることの意味やその価値を私に教えてくれます。私にとって写真を撮るという行為は、人々の存在 ー 人間の本質や業 ー を肯定することであり、それはまた自分自身の存在を肯定し、ありのままを受け入れる機会でもあるのです。”

Instagram | Facebook | Blog | Twitter | Website | UP | PayPal.me

〈主な受賞歴〉詳細は英語欄↑
2012, 2013, 2018, シンガポール 写真関連組織IPA主催コンペで唯一全3回に入選
2014, フランス トゥールーズ主催「MAP写真フェスティバル」優勝
2016, ソニー主催「ソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワード」日本部門4位、人部門入選

〈主な展示歴〉詳細は英語欄↑
2012, アメリカ 「マイアミ・ストリートフォトグラフィー・フェスティバル」でアレックス・ウェブらとゲスト展示
2014, フランス トゥールーズ、街の大広場に2mのパネルを20枚以上貼り出して個展開催
2016, ロシア ニジニタギル、市立図書館で個展開催
2016, 銀座・名古屋、ソニーギャラリーで 「ソニー・ワールド・フォトグラフィー・アワード」写真展
2019, 中国 上海、ライカカメラ中国主催の写真展を毛沢東の旧家を使用して開催
2019, ブラジル サンパウロ、第12回サンパウロ国際建築ビエンナーレでゲスト展示

〈主な書籍〉詳細は英語欄↑
2014, The Street Photographer's Manual, 写真家20人の一人として
2017, 100 Great Street Photographs, 世界の100枚として、また裏表紙に写真が使用されている
2020, In Color In Japan, イタリアで出版された写真集[完売]

〈主な掲載物〉詳細は英語欄↑
2015, イギリス、インデペンデント紙
2015, フランス、リベラシオン紙
2016, 日本、クーリエ・ジャポン
2019, フランス、リベラシオン紙
2019, イタリア、インテルナツィオナーレ紙
2019, ドイツ、ディー・ツァイト紙
2019, フランス、クーリエ・アンテルナショナル紙
2020, イギリス、ガーディアン紙
2021, Avantiポストカードに写真提供
2021, ドイツ、ライカカメラ発行LFIマガジン
2021, 日本、コーヒー専門誌スタンダート・ジャパン
2021, ドイツ、シュテルン誌
2022, スイス、Go Out!マガジン

〈主な紹介メディア〉
英語欄を参照↑

*メディアへの特集・インタビュー依頼、撮影依頼等ございましたら、各ソーシャルメディアからメッセージ、またはEメール宛てにお願いいたします。